水栓に関するエトセトラ


水栓の4つのタイプ

水栓と聞くとピンと来ない人も多いと思います。いわゆる蛇口の事を指します。水栓には大きく分けて4つのタイプがあります。まず一つ目の単水栓。これは学校などの手洗い場でよく見かける水栓です。この単水栓の横水栓、立水栓、自在水栓などの種類があります。反時計回りにハンドルを回すと水が出て、時計回りに回すと水が止まるといったシンプルな構造です。2つ目は2ハンドル混合栓があります。これはハンドルが2つ付いており、片方からお湯、もう片方から水が出るしくみです。よく銭湯などで見かける人も多いでしょう。2つのハンドルで流水量と温度の調節を行います。水栓のしくみは単水栓と同様です。この2つの水栓の場合、殆どの修理が自分で出来るので、長年に渡って使い続ける事が可能です。3つ目は、シングルレバー混合栓。これは、レバーハンドルを上下に動かす事で、水の吐水と止水が出来、また左右に動かす事でお湯と水の切り替えができます。レバーハンドル一つで、片手での操作もしやすい為、一般家庭の台所に多く設置されています。4つ目がサーモスタット混合栓。これは、吐水量が変わっても水温を一定に保てるといった特徴があります。湯水調節バルブの左側のハンドルで水温調節が出来、右側のハンドルでは吐水と止水、シャワーの切り替えが出来ます。毎日何気なく使っている水栓ですが、より快適に使えるよう進化している事が分かります。因みに、シングルレバー混合栓とサーモスタット混合栓は、構造が複雑な為、自分で修理できませんので、必ず専門業者に依頼しましょう。

[厳選サイト]
・各大手メーカーのサービスを比較できる、ウォーターサーバーの情報サイトです・・・ウォーターサーバー




ページTOPへ